へっぽこ客車区
ゆきろぐ。改め鉄ヲタコンテンツに特化した模型製作実況フログ
プロフィール

  • Author:白羽雪兎(はくばゆきと)
  • 平成と同い年の大学生。

    物心ついたときから鉄道を愛し、やがてバス、クルマとその興味の範囲を広げる。アウトドア派でさわやかなしかしヲタクを目指す絶賛中途半端鉄道マニア。勝ち組オタクになるのが夢。
    ボーイスカウトに所属中。




最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


武蔵野の異端児編成を作る!その3
武蔵野デカールをいちさんに頂いたので、とりあえず完成させました。

DSC_0735.jpg

今回は床下加工にチャレンジできたので、工場の技術向上には大いに貢献した一作。
GMのデカールとKATOの完成品ではずいぶん色合いに差があったので結局8両貼り直しましたw
が、しかし

DSC_0736.jpg

我流点睛を欠いているので、あと一歩!インレタがないのよ~。


DSC_0737.jpg

次のお題はコレ。広島シティ電車'84ってコトで4連を製作します。
個人的に金属キットを組むよりプラ製品をゴリゴリ加工するほうが好きなので楽しみながら作ろうかと。
他にもキニ56があと2両、キハ58「急行アルプス」とか脳内ネタはいくらでも有りますが・・・
いつになることやらw
スポンサーサイト

キハユニ25-7(タイプ)完成・・・?
RIMG0005_20101211014156.jpg

とりあえずそれっぽくは完成したのですが。

タイフォンと排気管の位置が違うことにいまさら気づく。
さしずめキハユニ25-8とでもいったところかな!ハハハ・・・orz


花月園から帰ってきたら追加工事だなこりゃ


RIMG0006_20101211014156.jpg

うーん、妻イケメン。

北の少数派DC2題
なんかTMS的なタイトルですが、平たく言えばキハユニ25を製作中です。

・キハ20系で一番いい男
RIMG0198.jpg

K'sのキットは手すりのモールドがあったので、それを削り落として手すり取付孔を開けます。
あと縮尺が若干違うのを何となく修正(たぶん1/148くらいw)。前面と妻面も手すり植え替える予定。


・新ジャンル「妻イケメン」
RIMG0196.jpg

妻面はこんな感じ。
実はキハユニ25-7は、キハ20系列の中で唯一車端部にデッキがある車両。
だからステップの張り出しを0.5mm厚のプラ板でちょいちょいと作ってやります。
あからさまに撮影している作業場が違うのはご愛嬌ってことでw


・新兵器導入!
RIMG0199.jpg

穴をあける&削るの非効率さにウンザリしていたので、新兵器を導入しました。
作っているのはキハやオハばかりですが、工房は電化工事というw
特に金属加工において威力は絶大です。投資効果は確実にあるので皆様も導入してみては?


・キハ27?
RIMG0200.jpg

さーて、切継ぎはうまくいくのかな?

また放置してしまった・・・
気づいたら学祭終わってたぜwww

というわけで武蔵野も105もできないまま現在に至ります。
地味に秋田リレーとか完成してるんですがお見せできるほどのものではありませぬw

RIMG0192.jpg

で、現在施工中車両としては

・キハユニ25-7
富キハ25+K'sコンバージョンで製作中。2年くらい前にどこぞで500円で手に入れたキットを今更製作。
合いもクソもないので現物合わせで瞬着オニ盛りしながらやっつけてます。
というか金属キットに穴あけるのがキツすぎます・・・

牛久保さんのアレ買おうかしらw


・キニ56-2
富キハ55から改造中。毎度おなじみトレジャーの郵便荷物車ドアセットを強引に貼り付けておりますw
ドア部分だけ富マニ50から持ってくるという手もあったかも知れません。
ちなみに2年ほど熟成されたものを今更再開してます。


・キニ56-3
富キハ55(バス窓)から改造中。コイツが完成しないと蟻のキニ58は永遠に日の目を見ません。
毎度おなじみトレジャーの以下同文



今更ながら郵便荷物気動車熱が再燃しておりますw










・・・え?115系シリーズでちゃうの?
これはもう急行かいじをやるしかないぢゃんw


広島の4ドア2連を作る!その1
今年の鉄研は広島合宿だったらしいので、学祭展示用に105系500番代なぞ作ってみようと思います。
展示用ですし、そこそこのクオリティで出来ればいいやーとか考えているのでカリカリグレードアップはしません。

・種車
105 001

家にあった103系のスカイブルー。
かれこれ15年前の製品ですが、小学生の頃にグレードアップしようとして台無しにしてしまったという逸品。
改造ベースにしても惜しくない、というのは大事です(笑)


・定番パーツセット
105.jpg

なんだかんだいって、GM製のパーツは安価で使いやすいので重宝します。
もちろん金属のガレージキットも好きですが、プラ車体をゴリゴリ加工するのが個人的にお気に入り。
いちばん「作ってるぞ!」っていう実感があるんですよね。

説明文に「下図に示す改造方法は一例に過ぎず、各自の研究工夫、他キットとの合成に依り、さらに大きなバリエーションが可能な事は言う迄もありません」と書いてあります。「各自の研究工夫」はGMの定型句であると同時に、モデラーにとって忘れてはいけないスピリットだと思います。

作ってナンボ、考えてナンボです!


・先頭車化
105 002

クハからクハを、モハからクモハを錬成します。早くもそれっぽい雰囲気が出てきました。
地味にやることはいっぱいあって、屋根の非冷房化、窓埋め、乗務員扉開けなど作業は山積みです。
さらに1000番代が種車の1M化改造車なので床下加工もバリバリ必要です。

ま、2週間あればなんとかなるでしょう。


武蔵野は帯さえ塗れば完成なんですが、どう考えても無理ゲー
根性出していくしかないなぁ・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。